28

2014

-

08

我が社の3つの工事は市級竣工検収に合格した


「記者羅国勲」はこのほど、三界工業集積区に建設された6階建てオフィスビル、1、2#寮、食堂の建設工事に投資し、市級の竣工検査を順調に通過した。この工事の建設が完了したことは、世界最大の機械チェーンホイール生産基地である中益機械の実力が大幅に向上したことを示し、さらに中益機械の二次創業発展のために堅固な基礎を築いた。

弊社は1954年に創立され、機械チェーンホイール、ベルトホイール、歯車を専門に生産する規模の民間企業である。会社は60年の持続的な急速な発展を通じて、現在までに、全国ひいては世界最大の専門生産機械チェーンホイール、歯車企業の1つに発展している。特にここ数年来、世界的な金融危機の影響を受け、機械業界はかつてない衝撃を受け、市場が疲弊し、業務競争が激しい。しかし、王以南董事長をはじめとする会社の指導グループの正しい指導の下で、会社は団結して奮闘し、困難を知って前進し、前後して前進の道の上の一つ一つの難関を攻略し、企業をしっかりと足場を固め、基礎を固めただけでなく、新しい、より大きな発展を勝ち取った。

会社の二次創業発展目標の実現を確保するために、会社の王以南董事長は企業家独自の目と度胸で、自ら中益機械の新しい建設青写真を描いた。2010年6月から、高起点計画、高基準設計、高品質建築の原則に基づいて、会社はわが市三界鎮工業集集集集区に中益機械付属用住宅工事を投資して建設し、その中にはフレーム6階のオフィスビル工事、レンガ6階の1#、2#寮棟工事、フレーム2階の食堂棟工事がある。これらの工事の設計は斬新で、装飾はシックで美しく、気前がよく、会社が全額投資して建設し、杭州中瀚建築設計有限会社が設計し、浙江宝厦建設有限会社が建設を請け負った。

最近行われた工事竣工検収会で、この工事の検収に参加した市品質監督などの部門の指導者と専門家は、設計、施工、監理などの部門の当該工事の品質状況に対する報告を聴取し、竣工工事現場を実地調査した後、この3つの工事の施工品質はすべて合格品質基準に達していると考え、一致してこの工事が竣工検収を通過することに同意した。